チャットレディにも必要!?チャトレの確定申告講座

確定申告の画像

毎年3月は確定申告のシーズン。

会社員やパート・アルバイト、学生に馴染みが薄いものですが、チャットレディを行なっている人は確定申告について知っておく必要があります。

申告を怠ると、国からのペナルティを課せられる場合があるからです。

この記事では確定申告とは何か、チャットレディで確定申告が必要な人や申告方法などをご紹介していきます。

 

そもそも確定申告ってなに?

確定申告とは、当年1月1日~12月31日の期間で得た所得を申告し、税額を決定・納付するための手続きです。

雇用主がいる会社員やパート・アルバイトの場合は、基本的に雇用主が源泉徴収によって所得税を給与から差し引き、年末調整で納税の過不足を調整するため、確定申告の必要がありません。

雇用主が存在しない個人事業主やフリーランスの場合、税金は自分で納めなくてはいけないため、確定申告が義務付けられています。

収入すべてが所得になるわけではなく、収入から経費や控除を差し引いた額が所得になります。

収入(売上)- (経費+控除) = 所得

 

経費・控除とは?

経費とはそのお仕事するために使った費用を指します。

例えばチャットレディで言うと、事務所に行くまでの交通費や配信に使った衣装代なども経費です。

在宅チャットレディの場合は家賃の一部や通信費、配信に必要な機材なども経費に含まれます。

控除とは、収入から一定の金額を差し引ける制度。控除には様々な種類がありますが、納税者全員が適用されるのが所得控除です。

所得控除の一つである一律48万円の基礎控除は、チャットレディの収入にも適用されます。

 

チャットレディに確定申告は必要?

チャットレディのお給料システムは、男性と配信で接続した時間分に対して報酬が発生する、いわゆる成果報酬型。

成果報酬型の場合、雇用主と直接雇用関係を結んでいるわけではなく、フリーランスや個人事業主という位置づけになり、収入に応じて確定申告の義務が生じるわけです。

チャットレディも専業・副業に関わらず、お仕事で得た1年間の収入が一定ラインを越えれば確定申告をしなくてはいけません。

確定申告が必要になるラインを下記にまとめました。

確定申告が必要になる収入条件
学生・主婦(アルバイト・パートをしている) 年間20万円以上稼ぐ
学生・主婦(アルバイト・パートをしていない) 年間48万円以上稼ぐ
副業チャットレディ 年間20万円以上稼ぐ
専業チャットレディ 年間48万円以上稼ぐ

給与を2か所以上から貰っている場合、トータルの給料が合わせて年間20万円以上であれば、確定申告をする必要があります。

チャットレディとは別にアルバイト・パートを行なっている学生や主婦、副業でチャットレディを行なっている会社員は、雇用先で貰っているお給料とチャットで得た収入を足し、20万円を越えていないか注意をしましょう。

お仕事はチャットレディのみであれば、学生・主婦のアルバイトやパート、専業チャットレディ共に所得が年間48万円以上で確定申告をする義務が生じます。

 

確定申告をしていないと、どうなる!?

確定申告が必要=税金を支払わなければいけないということです。

納税は義務であるため、確定申告を怠ると以下のペナルティが課せられます。

・無申告加算税
・滞税
・重加算税

これらは本来払うべき税金に上乗せされます。

 

確定申告には白色と青色がある!どちらを選ぶべき?

確定申告には白色申告と青色申告の2種類あるので、どちらか選ぶ必要があります。

白色申告はシンプルで、初めての人でも安心して行えます。

青色申告は手続きや複雑な帳簿付けが必要ですが、節税効果が高い申告方法です。

それぞれを詳しく下記にまとめてみました。

 

白色申告

白色申告の人は「収支内訳書」を用意します。収支内訳書とは、1月1日~12月31日までの収入と経費の合計と、最終的な利益はいくらになるか記入するための書類です。

確定申告をする際に提出する、確定申告書と一緒に提出します。

白色申告は簡易簿記による帳簿付けが義務付けられています。

簿記と聞くと「専門的な知識がいるのでは?」と考えてしまうかもしれませんが、簡易簿記の場合は家計簿をつける様な感覚でOK。

今月はいくら収入があり、いくら経費として使ったのかと記すだけなので、簿記の知識がなくても誰でも行なえます。

経費の証明となる領収書やレシートは保管しておきましょう。

白色申告で適用される所得控除は基礎控除の48万円です。収入から経費を引いた金額から、さらに48万円差し引けます。

 

青色申告

青色申告は、10万円控除、55万円控除、65万円控除の3種類の青色申告特別控除があり、条件によっていづれかの青色申告特別控除が適用されます。

基礎控除の48万円に上乗せされるため、最大113万円収入から差し引け、節税効果は白色申告より高いです。

ただし青色申告をするためには、所轄の税務署へ「青色申告承認申請書」を提出しなければいけない他、複式簿記で帳簿付けをしなくてはいけません。

複式簿記は簡易簿記とは違い、専門的な知識が必要です。

そして定期的に帳簿付けした結果を記入する、「青色申告決算書」を確定申告書と併せて提出しなければいけません。

始めて確定申告をする人や簿記の知識がない人はハードルが高い青色申告。

しかし会計ソフトなどを使えば初心者でも比較的簡単に行なえる他、税理士に相談して行う方法もあります。

確定申告を簡単に済ませたい人は白色を、チャットレディで得た収入が多く、節税したい人は青色申告を選んでもいいですね。

チャットレディの確定申告の流れ

確定申告は、基本的に毎年3月15日までに所轄の税務署か、地域の確定申告会場に必要書類を用意し提出します。

今では国税ホームページからネットを通じて申告も可能。

確定申告の流れをみていきましょう。

 

1.源泉徴収票など、必要書類の準備

チャットレディの報酬を受け取る際、所得税が差し引かれる源泉徴収がされている場合は、源泉徴収票を用意しましょう。

報酬明細がメールの場合も、源泉徴収がされているのか確認してみてください。

また年間でかかった医療費や保険料は控除の対象となるので、必要な人は用意しておきましょう。

白色申告の場合は収支内訳書を、青色申告の場合は青色申告決算書も用意します。

 

2.確定申告書に記入

確定申告書はAとBの2種類あります。

Aは主に会社員などの給与所得者が、Bは個人事業主やフリーランスが用います。チャットレディは確定申告書Bを選びましょう。

確定申告書には、1年間の収入、経費、控除金額を記入していきます。

確定申告書は税務署や確定申告会場で受け取れる他、国税庁のホームページからダウンロードが可能です。

 

3.税務署に提出

申告書の内容に間違いがなければ、収支内訳書または青色申告決算書と併せて、所轄の税務署に提出します。

 

チャットレディも確定申告はやりましょう

基本的にチャットレディのお仕事で利益がでたら、確定申告を頭に入れておいた方がいいでしょう。

チャットレディは高収入も可能なお仕事なので、「稼ぎすぎないように働いていたのに、思ったより収入が高かった」という場合もあるからです。

チャットレディの事務所によっては、確定申告など税金の相談に乗ってくれる所もあるので、心配な人は運営スタッフに訪ねてみてもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました